CX-5の新型や旧型、年式でどのような違いがあるのか?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
自動車買取業者の最大5000社が
あなたの車の買取価格を
競い合って吊り上げてくれるんです!

2012年の発売以来、国内はもとより世界中で圧倒的な人気を誇るマツダCX-5

マイナー含め、これまでに何度かモデルチェンジをしてきましたが、

大きなものは過去1回。つまり、現行の最新型は2代目になります。

では、初代と2代目とではどのような違いがあるのでしょう!?

また、各改良モデルは何がどう違っているの?

新型、旧型、年式モデルを比較してみました。





CX-5の旧型機(初代)を紹介

マツダCX-5の旧型機(初代)を紹介引用:https://newcars.jp/

初代CX-5(旧型)は、マツダ独自の次世代技術「SKYACTIV TECHNOLOG」を全面採用した初のモデルとして、

2012年2月に発売されたクロスオーバーSUVです。

SUVの中でもトップレベルの高性能を誇る高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」、

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」、

そして、車を意のままに走らせる喜びを実感させるトランスミッション(「SKYACTIV-DRIVE」)。

これらを搭載することで、低燃費性とともに高い走行性を実現するなどの点が高く評価されたのでしょう。

CX-5は、瞬く間に人気車種となり、日本国内における2012年のSUVの販売台数では堂々の1位を獲得したほどです。

CX-5が一気に人気車種に踊り出た理由は、そのデザインにもありました。

マツダの新世代デザインに共通するシグネチャーウイング(フロントグリルの下側から左右のヘッドランプへとつながる翼のような造形)を採用したフロントフェイス、

躍動感みなぎるダイナミックなボディデザイン、そして、高級感と快適性能を兼ね備えた室内空間……。

新デザインテーマ「魂動(こどう)ーSoul of Motion」にのっとったデザインは個性的かつ革新的。

ちなみに、「魂動」とは、マツダ独自のデザイン発想のことです。

マツダCX-5の旧型機(初代)を紹介引用:http://www.mazda.co.jp/

車を単なる鉄の塊として捉えるのではなく、生き物のように生命を感じさせるものにしたいーー。

まるで意思を持って動き出しそうな緊張感と、体温を持ち、呼吸しているかのような温かみを持った、生きた車をつくるーー。

これが「魂動」デザインですが、これに基づいてつくられたCX-5のボディデザインは、斬新のひと言。

誰が見ても「マツダのCX-5」とわかる面構えに、多くの人が魅了されたのです。

発売からときを経ずして「2012-2013日本カー・オブ・ザイヤー」を受賞していることからも、その人気の高さがうかがえます。

CX-5は、車の基本のすべてに世界一を追求するマツダの願いを乗せた渾身の作品。

2012年の発売された初代(旧型)モデルをベースに、どんどん進化を遂げていくことになります。





CX-5の現行・新型機の紹介

マツダCX-5の現行・新型機の紹介引用:http://www.webcg.net/articles/-/38577

「SKYACTIV TECHNOLOG」と「魂動デザイン」を採用した新世代商品の第1弾として誕生した初代(旧型)CX-5の発売から6年余り。

この間、マイナー含めて何度かのモデルチェンジを繰り返してきましたが、2016年12月にフルモデルチェンジが行われ、

2017年2月、2代目CX-5(新型)として発売が開始されて現在に至ります(ただし、途中、マイナーチェンジあり)。

さて、そのCX-5ですが、初代(旧型)と現行の2代目(新型)とではどう違うのでしょうか。

以下、新型になって変わった点を簡単にまとめてみました。

外装

マツダCX-5の現行・新型機の紹介引用:http://www.mazda.co.jp/

初代(旧型)と同様、「魂動デザイン」がコンセプトになっていることに変わりはありませんが、現行モデルはより洗練された印象に。

旧型と比べ、車高が少し低くなり、前後のトレッドは10ミリ程度狭くなっています。

フロントマスクのデザインはより立体的に、ヘッドライトは鋭い目つきに変わっています。

内装

マツダCX-5の現行・新型機の紹介引用:http://www.mazda.co.jp/

旧型に比べて現行モデル(新型)は、上質でスポーティな雰囲気が強くなりました。

その分、外装と同じく、内装もまた、より洗練された印象に仕上がっています。

エンジン

マツダCX-5の現行・新型機の紹介引用:http://www.mazda.co.jp/

ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」は、旧型よりも高い燃費性能を実現。

ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」は、旧型と比較すると静粛性がアップし、よりスムーズな走り出しになっています。

新型(現行)CX-5のトランスミッションには、新しい変速制御技術(車速やアクセル開度、エンジン回転数から操作の意図を読み取ってシフトする)が採用されています。

これにより、コーナリングにおける不要な変速を抑えて、滑らかな挙動を実現しています。

駆動制御システム

マツダCX-5の現行・新型機の紹介引用:http://www.mazda.co.jp/

新型では、旧型にはなかった新世代車両運動制御技術「G-ベクタリングコントロール」を新たに採用。

これは、ドライバーのハンドル操作に応じてトルクを変化させ、

横方向と前後方向の加速度を統合的に制御する技術ですが、

これにより、新型(現行)CX-5は、悪路での直進安定性が向上するなど、旧型よりも滑らかな挙動を獲得、

ドライバーの思い通りに車を駆ることが、より容易になりました。

安全装備

マツダCX-5の現行・新型機の紹介引用:http://www.mazda.co.jp/

新型(現行)CX-5の安全装備としては、旧型より引き継ぐ形で、

「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」(マツダの安全思想)に基づいて開発された「i-ACTIVSENSE」が採用されています。

とはいえ、新型のそれは旧型よりも機能が進化を遂げ、安全性がより向上しています。





CX-5を年式毎に比較

マツダCX-5を年式毎に比較引用:https://www.rakuten.ne.jp/

2012年の発売から6年余り(2108年現在)、マツダCX-5の現行モデルは2代目になります。

既述したように、新型が誕生したのが2016年12月(発売は翌2017年2月)。

これ以降は2代目(現行)となります。

つまり、2017年式、2018年式CX-5は2代目ということです。

一方で、それ以前(2012〜2016年式)は初代(旧型)CX-5となるわけで、

CX-5は新旧2つのモデルがあることがわかりますが、厳密には、もっとたくさんのモデルがあります。

マツダCX-5を年式毎に比較引用:https://ja.wikipedia.org/

なぜなら、CX-5には比較的頻繁にマイナーチェンジなどの改良が加えられてきたから。

新型、旧型の違いだけではなく、CX-5は年式によっても違いがあるということです。

以下、モデルチェンジの推移を紹介しつつ、CX-5がどう進化したかを紹介しましょう。

CX-5の年式による仕様の違いもわかるはずです。

2012年2月〜

2012年2月、初代(旧型)CX-5発売。このモデルは、2012年12月の一部改良まで続きます。

この年式モデルの特徴は「旧型機(初代)紹介」として既述した通り。

2012年12月〜

初代CX-5一部改良されたモデルの発売開始。

この年式モデルでは、ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできるキックダウンスイッチを全車に標準装備。

ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」の制御を改善、燃費が大幅に向上しました。

2013年10月〜

一部改良して発売開始。

この年式モデルでは「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」を全車に装備するなど、安全装備が充実。

上質かつ洗練された乗り心地を実現する新構造のリアダンパーを装備したり、

ATシフトレバーやシフトベースデザインの変更を行うなどして走りと内外装の質感を向上。

2015年7月〜

大幅改良モデルを発売開始。

マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を強化し、ドライブの安全性が飛躍的にアップ。

デザイン的には、フロントグリルにグレーメタリックで塗装した水平基調のフィンを採用、精悍で引き締まったデザインへ深化。

ユニット内シグネチャーLEDランプを採用したLEDヘッドランプとLEDリアコンビネーションランプを装備するなどして、内部造形も一新されました。

内装は、従来モデルのブラック本革内装を継承しつつ、本革内装にはピュアホワイトを新採用。

ファブリックシートはセンター部分に新開発のグロスブロッククロスを採用するなど、

この年式モデルは、前のモデルに比べて見た目にも大きく変化しています。

2016年12月〜

フルモデルチェンジにより、初代CX-5の販売終了。

2017年2月より販売が開始された新型CX-5の特徴は、「マツダCX-5の現行・新型機の紹介」として既述した通りです。

2017年8月〜

一部改良モデル発売。

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の設定を拡大、新型(2代目)CX-5 の全モデルに「i-ACTIVSENSE」を標準装備して発売を開始しました。

2018年3月〜

一部改良モデル発売開始された現行モデル。

新型CX-5の2度目の改良となりますが、今回はエンジンの改良がメイン。

ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」、「SKYACTIV-G 2.5」のピストンの改良や気筒休止の採用、

ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2)」の新燃焼技術が採用。

こうした改良より、燃費の向上はもちろんのこと、掲載装置の変更などで、

より快適に、より安全にドライブを楽しめる人気車種として、現行モデルに至っています。

マツダCX-5を年式毎に比較引用:https://xn--cx-5-jd3ju21p.net/?p=119

以上、年式による違いを大まかに説明しました。

マツダCX-5は、年を追うごとに確実に進化を遂げています。

とはいえ、現行モデルに人気が集中しているかというと、決してそうとも言い切れないのが正直なところです。

新型よりも旧型のデザインが好き、現行モデルよりも2017年式のほうに愛着を感じる、など、好みは人それぞれ。

自分好みの年式を見つけるのも、小さな改良を重ねてきたマツダCX-5ならでの楽しみと言えるかもしれませんね。

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

【マツダCX-5】を80万円安く買う方法とは!?

マツダのCX-5かっこいいですよね!?

ガソリン・クリーンディーゼルや
2WD・4WDを選ぶこともでき、
カラーリングも豊富ですし、
かっこいい旦那さんを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「CX-5かっこいいけど高いんだよな…」
「もうそろそろ今使っている車とも長いし、
このかっこいいCX-5に買い換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れてきたな…」
「新車のCX-5を最安価格で買いたいな…」
「ディーラーからの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるのも避けたいな…」

などなど、CX-5の購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
沢山の買取業者から
電話がかかって来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク

 

マツダCX-5の関連記事はこちら!

【マツダ・CX-5】リセールや下取り価格は現在いくらくらい?

【マツダ・CX-5】中古車の相場はいくら?新古車を探す方法は?

【マツダ・CX-5】新型や旧型、年式でどのような違いがあるのか?

 

新着記事

  1. 発売以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているマツダCX-5。その優れた走破性を考えると、悪路での…
  2. 今やマツダの基幹車種に成長したCX-5は、クロスオーバーSUV車。かたや、レガシィ(アウトバ…
  3. 日本のSUV車人気を牽引するCX-5とフォレスター。CX-5はマツダを、フォレスターはスバル…
  4. 2012年の発売以来、国内はもとより世界中で圧倒的な人気を誇るマツダCX-5。マイナー含め、…
  5. 加速、減速、停止といったドライバーからの指示を的確に路面に伝えて快適な乗り心地を保持するなど、…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP