【マツダ・CX-5】安全性はどうなの?自動ブレーキはいいの?

自動車一括査定サイトを使うようにしよう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大10社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

スタイリッシュなボディと優れた走行性能で人気のマツダCX-5

「扱いやすい車」と評判ですが、

それはすなわち「運転しやすい」ということなのでしょうか?

また、安全性はどうなのでしょうか?

自動ブレーキや横滑り防止機能について説明します。





マツダCX-5は運転しやすい?しにくい?

マツダCX-5は運転しやすい?しにくい?
引用:https://www.autocar.jp/

マツダの車は「人馬一体」がキーワードになっています。

CX-5も例外ではありません。

すべてのドライバーに、車と一体化して走る歓びを味わってもらいたい。

マツダの他の車と同様、CX-5もまた、そんな思いを込めて世に送り出されています。

マツダCX-5は運転しやすい?しにくい?引用:https://www.drive.co.uk/

「車と一体化して走る」というと、猛スピードで車を自在に扱うサーキットのようなシーンを浮かべがちです。

そんなことから、CX-5は「運転しにくいのでは?」と思っている人もいるかもしれませんね。

また、初心者ドライバーは「自分には〝人馬一体〟など関係ない」とも思いがちです。

しかし、CX-5は「乗り手を選ばない扱いやすさ」が大きな特徴で、

一度でもそのハンドルを握った人は、免許を取り立ての人であろうが、

ベテランドライバーであろうが、一様に「乗りやすい」「運転しやすい」と口にします。

マツダCX-5は運転しやすい?しにくい?引用:https://www.holidaymazda.com/

車高が高く、視界が良いことも理由のひとつですが、

CX-5が運転しやすいのは、もちろん、それだけではありません。

CX-5の走りは実に滑らかです。

これは、搭載されているGベクタリングコントロール(GVC)という機能のおかげ。

GVCとは、カーブなどで車が曲がるときに発生する、横方向にかかる重力を軽減してくれるシステム。

普通なら、急なカーブやワインディング時などには、横に引っ張られるような強い負荷を体に感じます。

しかし、GVCのおかげで、そのような負荷を感じることもなく、

体には無理な力が入らないため、長時間のドライブも疲れ知らずです。

車高が高い割に、交差点などでのふらつきが少なく感じるにも、このシステムが働いているため。

さらに、車を運転しているとき、ドライバーは小さな修正のために常にハンドル操作していますが、

GVCは、その操作を少なくする効果も発揮してくれますから、

運転の疲れが軽減されます。

マツダCX-5が「運転しやすい車」であることがおわかりいただけると思います。





マツダCX-5の安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?

マツダCX-5の安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:https://bestcarweb.jp/news/newcar/1239

マツダが考える「人馬一体」の根底には、

「ユーザーに安全で安心なドライブを提供したい」との思いが込められています。

すべてのドライバーの走る歓びを味わって欲しいというのがマツダの願いですが、

そのためには「安全・安心」が大前提になってくるのです。

CX-5にも、そんなマツダの思いが込められた先進技術がぎっしりと詰められています。

最たるものが、いわゆる〝自動ブレーキ〟です。

マツダCX-5の安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:https://www.4wheelsnews.com/

例えば、「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」はその代表。

先行車や前方の歩行者をカメラで検知し

(対車両の場合は時速約4~80㎞走行時、対歩行者の場合は時速約10~80㎞走行時)、

ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートしてくれます。

時速約10㎞以下での徐行前進や停車時は、カメラやフロントの超音波センサーで前方の障害物を検知し、

ペダルの踏み間違いなどによる誤発進や、

急加速を抑制する「AT誤発進抑制制御」のシステムも備わっています。

マツダCX-5の安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:http://www.mazda.co.jp/

さらに、時速約15㎞以上で走行中、カメラと遠くまで検知できるミリ波レーダーで先行車を捕捉、

衝突の危険があると判断すると音や表示で警告、

さらにはブレーキを自動制御し、

衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポートする「スマート・ブレーキ・サポート(SBS)」や、

「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」といって、

先行車との速度差や車間距離を計測してエンジンとブレーキをコントロールし、

設定した車間距離を保つよう自動で車速を調整するシステムも搭載されています。

これら、〝自動ブレーキ〟は、どこのメーカーでも力を注いでいて、

今や、その性能は車を買うときの大きな決め手のひとつになっていますが、

マツダの自動ブレーキの性能は、かなり高く評価されています。

マツダの性能を100点とすれば、スバルも100点で競っていますが、

トヨタの高機能型(セーフティセンスP)で70点、日産プロパイロット60点、ホンダセンシング40点。

これは、国交省の外郭団体「自動車事故対策機構」の試験結果を反映したもので、信頼できる数字のはず。

マツダCX-5の横滑り防止機構の性能はいかに!?

マツダCX-5の横滑り防止機構の性能はいかに!?引用:http://blog.livedoor.jp/

マツダCX-5には、横滑り防止機構も備わっています。

正確には、「ダイナミック·スタビリティ·コントロール」(DSC)といって、

滑りやすい路面での走行時や、緊急回避など急激なハンドル操作による車両の横滑りを抑えるために、

ABSやTCSなどにより、ブレーキやエンジンの出力を自動的に制御して、車両の安定性を確保する装置です。

ABS とは「アンチロック・ブレーキ・システム」のことで、

滑りやすい路面での制動時に起こる車輪のロックを防いで車の方向安定性を保ち、操縦性を確保する装置。

TCSは「トラクション・コントロール・システム」のことで、

 水に濡れた路面や雪道などの滑りやすい路面での発進や、

旋回加速時に起こる駆動輪の空転を防ぎ、適切な駆動力と操縦性を確保する装置です。

マツダCX-5の横滑り防止機構の性能はいかに!?引用:https://www.caradvice.com.au/

さて、このDSCですが、走行中に車両の横滑りを検知すると、自動的に車両を制御します。

つまり、車の横滑りを抑制することになるわけですから、

滑りやすい路面でのコーナリングや危険回避の急ハンドル操作時などにも、

安定した走行姿勢を保つことができるのです。

雪道などでは抜群の効果を発揮してくれるでしょう。

ただ、まったく滑らないということではなく、

滑ってたとしても車の姿勢が保てるため、操縦性を確保しやすい、といったほうが適切かもしれません。

雪道などでもハンドルの操縦性を維持しやすいので、運転による疲れ方も違ってきます。

マツダCX-5の横滑り防止機構の性能はいかに!?引用:https://www.whichcar.com.au/

このように、DSCが備わっていると安心は安心ですが、DSCを過信せず安全運転に心掛けることは必須条件。

DSCなどの安全装置は、路面とタイヤのグリップがある程度確保されていることが前提で効果が期待できるもの。

雨に濡れていたり、雪道など滑りやすい路面でスピードを出し過ぎたり、

水たまりなどでハイドロプレーニング現象などになり、

路面とタイヤのグリップが失われると、DSCもお手上げ状態です。

DSCをはじめとした安全装置がたくさん採用された車でも事故は起きます。

その大きな理由のひとつとして、装置を過信して無謀な運転をしてしまうことが挙げられます。

安全装置は、あくまで保険、補助装置です。

このことを肝に命じて安全運転を心がけることが何よりも大切だということを忘れずに。

「安全装置が備わっているから」と安心せず、

最初からないものだと思い、慎重に慎重を重ねながら運転をすることが、

何よりも有効な事故防止策になるのではないでしょうか。

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

【マツダCX-5】を80万円安く買う方法とは!?

「CX-5かっこいいけど高いよな…」
「もうそろそろ今の車も長いし、
CX-5に買い換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れた…」
「新車のCX-5を最安で買いたいな…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長いのも避けたいな…」

などなど、【CX-5】の購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使うようにしよう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大10社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク

 

マツダCX-5の関連記事はこちら!

【マツダ・CX-5】不具合とリコール情報を紹介!対応してくれる?

【マツダ・CX-5】口コミや評価評判を紹介します!良い?悪い?

【マツダ・CX-5】価格・費用はいくら?グレードで違いは?

【マツダ・CX-5】納期や納車状況はどのくらい?納車待ちはある?

【マツダ・CX-5】燃費や実燃費はどう?燃費向上しているの?

【マツダ・CX-5】内装や内装色の選べる範囲は?内寸はどうなの?

【マツダ・CX-5】値引きで買いたい!相場や限度額はどのくらい?

【マツダ・CX-5】カラーや色見本を紹介!人気のカラーはこれ!!

【マツダ・CX-5】試乗評価は実際に乗ってみて…良いの?悪いの?

【マツダ・CX-5】スペックや加速性能、乗り心地はどうなの?

【マツダ・CX-5】エコカー減税で自動車税の費用を安くできる?

【マツダ・CX-5】サイズ比較とサイズ感は?他車と比べてみる

【マツダ・CX-5】モデルチェンジ予想!情報はある?その時期は?

【マツダ・CX-5】外寸や外装はどう?機械式駐車場に入るのか!?

【マツダ・CX-5】安全性はどうなの?自動ブレーキはいいの?

【マツダ・CX-5】維持費やローンは?残価設定にしたほうがいい?

【マツダ・CX-5】クリーンディーゼルとガソリンはどっちが良い?

【マツダ・CX-5】2WDと4WDはどっちがオススメ?違いを解説

新着記事

  1. 発売以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているマツダCX-5。その優れた走破性を考えると、悪路での…
  2. 今やマツダの基幹車種に成長したCX-5は、クロスオーバーSUV車。かたや、レガシィ(アウトバ…
  3. 日本のSUV車人気を牽引するCX-5とフォレスター。CX-5はマツダを、フォレスターはスバル…
  4. 2012年の発売以来、国内はもとより世界中で圧倒的な人気を誇るマツダCX-5。マイナー含め、…
  5. 加速、減速、停止といったドライバーからの指示を的確に路面に伝えて快適な乗り心地を保持するなど、…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP