CX-5のタイヤサイズは?サイズアップや交換はできる?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
自動車買取業者の最大5000社が
あなたの車の買取価格を
競い合って吊り上げてくれるんです!

加速、減速、停止といったドライバーからの指示を的確に路面に伝えて快適な乗り心地を保持するなど、

タイヤは機能面から見ても非常に大事なパーツですが、

デザイン的にも重要で〝車の顔〟を左右するパーツです。

それだけに、カーマニアにとってタイヤ選びはとても大切。

ここでは、マツダCX-5のサイズやサイズアップなど、タイヤについて解説していきます。





CX-5のタイヤのサイズは?

マツダCX-5のタイヤのサイズは?引用:https://minkara.carview.co.jp/

17インチと19インチ。

マツダCX-5には、ふたつのタイヤ(&ホイール)サイズが用意されています。

どちらのサイズかは車種によって異なり、20S、25S、XDには17インチが、

20S PROACTIVE、25S PROACTIVE、25S L Package、XD PROACTIVE、XDL Packageには19インチが標準装備されています。

しかし、上記はあくまで標準装備ですから、メーカーオプションによってどちらかを選ぶことが可能です。

例えば、17インチが標準装備されている車種20Sを購入したとしても、

オプションで、17インチのタイヤ(&ホイール)サイズを19インチにすることができるというわけです。

どちらのサイズにするかはユーザー次第ですが、

一般的には、「外観」「値段(購入時の価格とランニングコスト)」「乗り心地」の3点を考慮したうえで選ぶといいとされています。

外観、つまり見た目がスタイリッシュなのは、何と言ってもサイズの大きい19インチです。

けれど、大きいだけに、それなりにお金がかかります。

マツダCX-5のタイヤのサイズは?

まず、新車購入時の値段ですが、もともと17インチが装備されている車種に19インチを装備するとなると、5万円ほど高くなります。

(反対に、もともと19インチが装備されている車種に17インチを装備すると5万円やすくなる)

さらに、通常3〜5年でタイヤ交換が必要になってきますが、このときにも、19インチのほうがコストがかさみます。

サイズが大きいために、タイヤの単価も高いですし、タイヤ交換の工賃も割増料金を取られることが多いのです。

それだけではありません。

乗り心地が悪い、燃費が悪い、走行音が大きい、車重が重い、ハンドルが重い……と、

マツダCX-5のタイヤのサイズは?

17インチのタイヤ(&ホイール)サイズに比べて19インチはデメリットがいっぱいです。

もちろん、だからと言って、17インチを推奨しているわけでは決してありません。

19インチのタイヤ(&ホイール)サイズには、19インチなりの魅力があるのです。

その魅力の最たるものは、やはり見た目ではないでしょうか。

タイヤやホイールは車のスタリングに大きな影響を及ぼしますが、19インチのホイールデザインはとにかくカッコイイ!!

それに、19インチはタイヤの扁平率が低い(タイヤが薄い)ため、

17インチに比べて、荷重がかかったときでもタイヤがたわみにくく、運動性能やコーナリング性能が高いと言えます。

また、タイヤからの反応がハンドルに伝わりやすく、路面情報を手でも感じることができるのも特徴。

マツダCX-5のタイヤのサイズは?引用:http://www.mazda.co.jp/

スポーツカーが大きなホイールを装着しているのは、この恩恵を受けるためですが、

走りを追求するCX-5ファンにとっても、これは大きな魅力です。

17インチと19インチ、どちらのタイヤ(&ホイール)サイズを選ぶか。

迷うのもまた、CX-5選びの醍醐味かもしれませんね。





CX-5のタイヤのサイズアップはどうやる?

マツダCX-5のタイヤのサイズアップはどうやる?引用:https://cartune.me/notes/JHLgcjsLkS

マツダCX-5の純正タイヤは、「225/65R17 102V」と「225/55R19 99V」になります。

前者は、タイヤ幅22.5㎝、扁平率 65%、ホイールのサイズ17インチ、

「102」は、規定の条件のもとでそのタイヤに負荷できる最大質量を表す数値を示したもので、102とは850kgまでの負荷に耐えられることを意味します。

ちなみに、扁平率とは、タイヤの幅に対する高さ(ホイール部分を除き、ゴムの部分のみの厚み)の比率を表す数値のことです。

また、タイヤは、規定の条件のもとで走行できる最高速度があり、許容最高速度ごとアルファベッドが与えられていますが、

この場合の「V」は、許容速度240㎞/hであることを示しています。

一方、後者は、タイヤ幅22.5㎝、扁平率55%、ホイールのサイズ19インチ、負荷能力指数99(=775㎏の負荷に耐えられる)、許容速度240㎞/hとなります。

さて、これらふたつのタイヤサイズをアップすることができるのかというとーー。

結論から先に言うと、タイヤサイズをアップすることは可能です。

とはいえ、タイヤのサイズ(インチ)アップとは、単純に従来よりも大きなタイヤを装備することではありません。

ここで言うタイヤサイズのアップとは、タイヤの外径を変えずにリム径(ホイール部分の直径のこと)を大きくし、扁平率を下げることを意味します。

タイヤの外径はそのままに、ホイールを大きくすれば、当然、タイヤのゴム部分の高さ(厚み)は薄くなるため、扁平率は低くなるわけです。

タイヤサイズのアップをする際、外径を変えないのは、安全面を考慮してのこと。

車にはスピードメータのほかに、総走行距離を示すオドメーター、リセットが可能な区間走行距離を示すトリップメーターがついていて、

これらは新車販売時に装着されているタイヤの外外径が、1回転して前進する距離からそれぞれ算出されるようにつくられています。

つまり、タイヤの外径が大きくなると、これらの数字は正確に算出されなくなり、スピードメーターが示す数字にも誤差が生じてしまいます。

これは非常に危険なことなのです。タイヤ外径を変えてはいけないことがお分かりでしょうか。

ホイール同様、タイヤの外径も大きくし、よりインパクトのある外観を演出するカスタマイズ方法があるのも確かです。

しかし、この場合、タイヤの外径が大きすぎることで、タイヤと車体が干渉したり、

ハンドルを切った時、フェンダーにタイヤが接触することもあるので、注意が必要です。

もちろん、スピードメーターが示す数値に誤差が出るなど危険であることは言うまでもなくありません。

外径を変えないなど正しい方法でタイヤサイズのアップを実践すれば、いろいろなメリットを享受できます。

見た目がカッコよくなることは言うまでもなく、

運動性能やグリップ性、コーナリング性能の向上などがメリットとして挙げられます。

逆に、乗り心地が悪くなる、燃費が下がる、走行音が大きくなる、重量が重くなる、ハンドルが重くなるなどのデメリットもあることを覚えておきましょう。





CX-5のタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!

マツダCX-5のタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!引用:http://www.tireman.co.jp/

CX-5のタイヤサイズ(インチ)アップとは、タイヤそのものを大きくするのではなく、ホイールを大きくすることです。

とはいえ、タイヤサイズのアップは、ホイールだけを取り換えるのではなく、タイヤ交換するのが基本です。

例えば17インチから18インチにサイズアップするとなると、

もともと17インチのタイヤには18インチのホイールを装着することはできないため、

18インチのものにタイヤ交換する必要があるわけです。

サイズアップのためにタイヤ交換を考えた場合の手順を説明します。

1.現在装着しているタイヤ(純正サイズ)の外径を調べる。

マツダCX-5のタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!引用:https://www.maluzen.com/

外径はタイヤメーカーのカタログに載っているものを確認するのが確実でしょう。

例えば、マツダCX-5の純正タイヤのひとつは「225/65R17 102V」ですが、調べてみると外径は724㎜であることがわかります。

次に、タイヤサイズをアップしようとしている18インチのタイヤで、724㎜の外径のタイヤを探します。

ジャストサイズでなくても構いませんが、前にも説明したように、外径が変わるとさまざまな支障が出てきますから、

できるだけ現行タイヤの外径に近いものを選びましょう。

外径誤差の許容範囲は、一般的にマイナス3%、プラス2%とされています。

2.荷重指数を調べる。

マツダCX-5のタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!引用:http://news.livedoor.com/

タイヤサイズアップ後のタイヤの荷重指数は、現在装着されている純正タイヤのそれよりも同等以上である必要があります。

例えば、マツダCX-5の純正タイヤのひとつは「225/65R17 102V」で、荷重指数は102ですから、

交換するタイヤの荷重指数は102以上でなくてはなりません。

サイズアップしようとするタイヤの荷重指数が102より小さい場合、

タイヤが車体を支える力が弱くなってしまうため、使用は不可となります。

3.新しいタイヤが車体からはみ出ていないか確認

マツダCX-5のタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!引用:https://www.taiyakan.co.jp/

4.新しいタイヤが車体に干渉しないかどうかを確認

マツダCX-5のタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!引用:https://mzcarblog.com/?p=659

タイヤ交換をするとタイヤサイズが変わるなどして、タイヤが車体からはみ出たり、車体に干渉したりすることがあります。

例えば、装着したときには問題がなくても、ハンドルを切った際にタイヤの内側や外側が車体に触れたりすることが……。

このようなことは、素人ではなかなかわかりづらいですから、タイヤの販売店などに相談するのがオススメです。

いずれにせよ、タイヤの交換は、販売店などのプロに任せると安心でしょう。

もちろん、自分でできないことはありません。

自分で行えばそれだけ経費の節約にもなりますが、諸々を考えると、やはりプロの手を借りるのが無難です。

少しでも安く抑えたいなら、タイヤ自体はネットなどで安いものを購入し、交換をお願いする販売店に持ち込むという選択も。

多少の持ち込み料を取られたとしても、その店で買って交換してもらうより安くつくことも珍しくありません。

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

【マツダCX-5】を80万円安く買う方法とは!?

マツダのCX-5かっこいいですよね!?

ガソリン・クリーンディーゼルや
2WD・4WDを選ぶこともでき、
カラーリングも豊富ですし、
かっこいい旦那さんを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「CX-5かっこいいけど高いんだよな…」
「もうそろそろ今使っている車とも長いし、
このかっこいいCX-5に買い換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れてきたな…」
「新車のCX-5を最安価格で買いたいな…」
「ディーラーからの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるのも避けたいな…」

などなど、CX-5の購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
沢山の買取業者から
電話がかかって来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク

 

マツダCX-5の関連記事はこちら!

【マツダ・CX-5】オイル交換時期とオイル量は?オイル粘度はどれ?

【マツダ・CX-5】オプションやパーツ、ナビはどんなものが選べる?

【マツダ・CX-5】アクセサリーおすすめはこれ!電源やソケットは?

【マツダ・CX-5】改造やカスタムしたい!エアロパーツは何がある?

【マツダ・CX-5】後部座席や荷室で車中泊は可能か?荷室容量は?

【マツダ・CX-5】タイヤサイズは?サイズアップや交換はできる?

【マツダ・CX-5】オフロードカスタム方法を紹介!どこでも行く!

新着記事

  1. 発売以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているマツダCX-5。その優れた走破性を考えると、悪路での…
  2. 今やマツダの基幹車種に成長したCX-5は、クロスオーバーSUV車。かたや、レガシィ(アウトバ…
  3. 日本のSUV車人気を牽引するCX-5とフォレスター。CX-5はマツダを、フォレスターはスバル…
  4. 2012年の発売以来、国内はもとより世界中で圧倒的な人気を誇るマツダCX-5。マイナー含め、…
  5. 加速、減速、停止といったドライバーからの指示を的確に路面に伝えて快適な乗り心地を保持するなど、…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP